第55回相模湖レガッタ(2011/10/22・23)の報告

from 平成24年卒 高橋 俊介さん
みなさんこんにちは。
この度、九月からOBの仲間入りをいたしました高橋です。

先日の10月22・23日に相模湖で行われた相模湖レガッタに、若手OBの一員として出場させていただいたので、それに関して報告させていただきます。
今回集まったのは、山浦さん(H16卒)、加賀さん(H20卒)、蓮池さん、中川さん、山内さん(以上H21卒)、渡辺さん(H22卒)、渡辺さん、河野さん、大利さん、林さん(以上H23卒)、橋本、井口、有馬、高橋(以上学部4年)、吉開(学部3年)でした。そして、付きフォア二艇で出場しました。
大会は二日間にわたって行われ、初日に予選と敗者復活、二日目に準決勝と決勝でした。
付きフォアの出場クルー数は11クルーでしたが、現役の大学生クルーから、社会人の方たちまで様々な人が出場していて、なかなかのにぎわいを見せていました。戸田でおなじみのT京大学ボート部の一年生も付きフォアで参加していたし、ダブルとシングルではS友金属も出ていて、S金はダブルもシングルも優勝をかっさらってました。

フォアの結果は、COX大利さん率いる有馬・橋本・吉開・高橋(初日は吉開ではなく井口)が優勝しました。やりました。決勝タイムは3’38”、微妙ですが、まあいいんじゃないでしょうか。大会を通してのベストは、初日の3’35”でした。

因みに、大会の途中でT大ボート部の四年生の知り合いと会いました。彼は今、一年生のコーチをしているらしいです。彼は「この大会は一年生の出る大会だろ」と言っていました。同じ日程に戸田公園で東日本新人選手権が開かれていたので、普通に考えれば一年生はそっちに出すべきだと思いましたが、なんなんでしょうね。でも確かに東日本新人よりも相模湖の方が大勢の人が参加していて、にぎわっていたのは事実です。メダルも豪華でしたし、トロフィーもありました。
しかも空気がきれいで景色も良くて、温泉もあって、宿も安くて、小旅行がてらにレガッタに出ている感じでした。相模湖レガッタが人気がある理由はわかります。僕も出場して本当に良かったと思いました。

来年は挑戦者ではなくチャンピオンとして出場するわけなので、来年に新OBとなる現3年生のみんなは頑張ってください。

以上で相模湖レガッタの報告を終わらせていただきます。ありがとうございました。